お葬式での遺族としてのマナー

スポンサードリンク

お葬式での遺族としてのマナー

お葬式・お通夜での遺族の服装

「弔問客に合わせて喪服を着用するのがマナー」

本来お通夜はその名の通り「亡くなったその夜の間ずっと故人に生前と同じように使えること」です。なので家族のみのお通夜の場合私服でも構いません。しかし現在ではお通夜が告別式のような役割を果たしており、弔問客が喪服を着る為それに合わせて遺族も喪服を着用するように変化しました。

<お通夜・お葬式での理想的な服装>

 

男性

  • ブラックスーツが一般的
  • ワイシャツは白
  • ネクタイ・ベルト・靴下・靴などは黒で統一
  • タイピンは付けない

 

女性

  • 黒のスーツ・ワンピースなど身体が楽な服装(喪主の場合でも慣れない和服を絶対着る必要はありません。)
  • 夏でも肌が出すぎず胸元が開いていないもの
  • シンプルで余計な飾りのないもの
  • 基本的にアクセサリーは結婚指輪以外は付けない(真珠のネックレス程度)
  • お化粧は色を控えめにする

 

子供

  • 制服があればBEST
  • 制服がない場合

[男の子]
・ブレザー
・ズボン
・シャツ

[女の子]
・ブレザー
・スカート
・シャツ
・または派手すぎないワンピース
・色は黒・紺・グレーなど


 

服装について詳しくは…お葬式での服装と靴とアクセサリー

お通夜での僧侶へのお礼

読経をしてもらった後、僧侶を控え室へと案内しお茶を出します。このとき明日のお葬式の打ち合わせを行うこともあるようです。

 

「通夜ぶるまいは僧侶へのお礼の席」ですので僧侶を案内し「上座」に座ってもらいます。
僧侶が辞退した際は1万円ほどの御膳料と5000〜10000円ほどのお車代を白封筒に入れて代わりに渡すのがマナーです。送迎をこちらで行った場合でもお車代はほとんどの場合渡すようです。お布施については通常お葬式の後で一括して渡すのがマナーです。

お葬式当日の心づけ

お葬式当日にお世話になる運転手・式場・火葬場の係員に心づけを渡すという慣習があります。葬儀社のほうでその予算を組んでいる場合もありますので前もって確認しておきましょう。だいたい1人につき3000〜5000円ほどが相場のようです。

公営の火葬場の場合心づけは禁止されていますので用意する必要はありません。

お葬式後のお礼・挨拶回り

お葬式後にお礼・挨拶回りを行う相手は僧侶や世話役をはじめとする「お世話になった方々」です。

僧侶へのお礼
  • 喪主と遺族代表でお葬式の翌日や翌々日に伺うのがマナー。
  • 服装は通常喪服。
  • 謝礼:最近では規定の料金がある場合が多いようですが、金額が分からない場合は葬儀社などに尋ねておく必要があります。奉書紙か白封筒に入れたものをふくさなどに包んで、お盆や菓子折に置いて渡すのがマナーです。
世話役代表の方へのお礼
  • 後日お礼の訪問をします。
  • 御礼として現金を包むこともあるようです(お葬式当日にお車代として渡すこともあります。)
特にお世話になった方へのお礼
  • 菓子折を持って「初七日までに」挨拶回りをしておくのがマナーです。

 

 

スポンサードリンク