お通夜、お葬式での弔問客のマナーと言葉遣い

スポンサードリンク

お通夜での弔問客としてのマナー

お通夜への参列

お通夜は本来は故人と親しい関係にあった人により営まれますが、現在では告別式の代わりとしてそれほど深い親交ではなかった人たちも参列するのが一般的です。お通夜の日時のみ案内されることも多いです。

【告別式の日時のみ案内された場合】
通夜には参列せず告別式のみ参列するようにします。

お通夜の開始時間

「現在では夕方6〜7時開始が主流」
開始時間の10分前には会場に着くようにし、受付を済ませてから席に着くようにします。
「所要時間:2時間前後」
読経・焼香・通夜ぶるまいを含めて2時間ほどです。

お通夜の受付でのマナー

コートやショール、大きな手荷物がある場合は手に持っておき受付に預けます。
「この度はご愁傷様です」
…など簡単なお悔やみの言葉を述べ、香典をふくさから取り出して畳んで手前に置いたら
「御霊前にお供えください」
と言って香典を差し出しましょう。受付に会葬者名簿がありますのでそこに氏名を書きます。
「お参りさせていただきます」
と一礼してから会場へ向かうのがマナーです。

お通夜での席順

お通夜では正面右側に喪主・親族・親戚が着席し、左側に友人・知人などが着席します。他の参列者に対し一礼したら席に着きます。席順に関しては厳密な決まりはありませんが、席順に従って順番に焼香していきますので、故人に親しい方が前に座るのが望ましいようです。

通夜振る舞いでのマナー

通夜ぶるまいは参列のお礼と、お清め・供養のために用意されています。なので案内された場合は遠慮せずに受けるほうがいいでしょう。通夜ぶるまいでは日本酒やビールが振舞われますが宴席ではありません。故人とは関係ない話をして騒ぐといったことはしてはいけません。

あまりに故人とは親しくなく時間に余裕がない場合は一口だけ口をつけて「お先に失礼します」と退席するようにします。

お葬式での弔問客としてのマナー

お葬式への参列

お葬式へは遺族・親戚・友人など「故人と特に親しかった人」が参列します。

 

お葬式と告別式(※広く一般の弔問客を受けるのは本来告別式のほう)は別々にやるものなんですが、現在では告別式はお葬式と一体化して行われ、お通夜は告別式化し一般の弔問客がお通夜に参列することが多くなっています。

お葬式の受付でのマナー

基本的にはお通夜での受付と同じです。ただお通夜にも参列し、その際香典を渡している場合には香典は渡さず「お供えは済ませました」と言っておきます。

お葬式での席順

案内がある場合はそれに従い、案内がない場合は自分と故人の関係に相応しい席に着きましょう。

お葬式での弔辞

故人へ捧げるお別れの言葉と遺族の方へのお悔やみの言葉を手紙として伝えます。

 

 

優しさ溢れる甲本ヒロトから忌野清志郎への弔辞「ひどいよこの冗談は…」 約5分

 

出棺・火葬の際のマナー

出棺

その場に留まって合掌して見送るようにしましょう。

火葬場

同行をお願いされた際はできるだけ従うようにします。一般的に火葬後は続けて初七日法要が営まれますが、それも出席をお願いされた際は受けるようにします。

火葬のマナーについてはこちら

スポンサードリンク