キリスト教式のお葬式

スポンサードリンク

キリスト教式のお通夜・お葬式

キリスト教式のお通夜・お葬式のマナー

キリスト教式でのお通夜

本来キリスト教では仏教とは異なり通夜にあたる風習はありません。
しかし現在日本では…

カトリック

「棺前祈祷式」「通夜の集い」「通夜の祈り」といった名前で自宅か教会で神父と共にお祈りをする儀式があります。

 

プロテスタント

「前夜祭」がお通夜にあたります。

…という具合にしっかり「お通夜なるもの」が執り行われています。

 

参列者が席に着いたあと賛美歌を歌い、聖書を朗読して説教を聞き、祈りやお花を捧げるのが主な内容です。手順は教会によって多少異なるようです。これに引き続き納棺式が行われることもあります。

キリスト教式でのお葬式

一般的にお葬式は故人が所属していた教会で行います。
それが不可能な場合は自宅や斎場で行います。

 

カトリックとプロテスタントでは「お葬式の趣旨」が異なります。

カトリックのお葬式

故人の罪を神に詫びて許しをもらい、永遠の安息を得られるように祈る儀式。

 

プロテスタントのお葬式

故人は死後、神の元に召されて仕えることになるので、そのことを神に感謝し、遺族を慰めるための儀式。

キリスト教式では当日歌う歌や祈りの言葉を書かれたプリントが用意され参列者に渡されます。それを見ながらできるかぎり参加するように心がけましょう。

 

キリスト教式のお葬式の香典の表書き

キリスト教式の香典の表書きは宗派によって変わります。

カトリック

「御花料」
「御ミサ料」

 

プロテスタント

「忌慰料」

表書きの下に氏名を書きます。香典袋は水切りがなく、百合の絵柄か十字架などがついた専用ものを選ぶのがマナーです。

 

キリスト教式のお葬式の費用相場

 

キリスト教式のお葬式の費用相場 「約70万円前後」

 

一般的な仏式でのお葬式の費用相場は平均200万円ほどなので、キリスト教式のお葬式費用はかなり抑えられていることがわかります。もちろん200万円を超えるキリスト教式のお葬式もあります。

 

キリスト教式のお葬式での弔電

故人がキリスト教の方である場合、弔電の内容は気をつける必要があります。

 

キリスト教では死を不幸とはとらえていないので使う言葉が根本的に違います。

  • お悔やみではなく「お祈り」「哀悼」といった言葉を使います。

    仏教用語の「供養」「冥福」「弔う」「成仏」といった言葉は使用不可です。

  • 「焼香」にあたるのは「献花」
  • 「香典」にあたるのは「お花料」「忌慰料」

といった言葉になります。

文章を作成したのち、その言葉が使用できるかどうか細かく確認してから送るようにしましょう。

 

キリスト教と仏教では大きなマナーの違いが2つある!

お悔やみの言葉を言わない

仏教では香典を渡す際などにお悔やみの言葉を言いますが、キリスト教では死を不幸と捉えていませんので「お悔やみは言いません」

 

お焼香ではなく献花

仏教の焼香の代わりに白い菊やカーネーションを捧げる献花があります。喪主からはじまり、故人と親しい順番で行われます。

スポンサードリンク