香典返しのマナー

スポンサードリンク

香典返しのマナー

香典返しのマナー

「忌明けにお礼の手紙を添えて贈るのがマナー」

 

最近ではお通夜やお葬式当日にあらかじめ用意してその日に渡すことが増えています。そもそも香典は式の費用をみんなで出し合うためにありますので本来はお返しはいりません。しかし、一般的には香典返しとして品物を贈ることが多いです。

 

※香典返しとは…「お通夜・お葬式・法要の際にいただいた香典に対してのお礼のこと」

 

香典返しに商品券、金券は避けるべき?

高額の香典に対しては「半返し」もしくは「3分の1返し」するという場合があります。こんなときは商品券・金券でその金額をお返しすることもあるようです。同額のカタログギフトを利用することもあります。

 

ただ、地方によって考え方が違うので事前にチェックすることが肝心です。

 

基本的に香典返しとして選ぶ品物は「長く残ってしまうものだと不幸をいつまでも思い出される」として避けるのがマナーです。なので「お茶・石けん・洗剤・タオル」などの消耗品がよく選ばれます。

 

しかし最近ではこうした一般的な品物ではなく「もらって喜ばれる品物」にこだわる遺族も多くなり、お茶はお茶でも有名店のものなどを選ぶケースもあるようです。

香典返しの相場

香典は一切お返ししない地方もありますので考えた方はさまざまですが「半返し・3分の1返し」が一般的な相場のようです。ただし、式の当日にあらかじめ用意してあることも少なくありませんので、金額が見合わない場合は改めて追加の品を贈るのがマナーです。

会社、団体への香典返し

例えば「○○課一同」という形で香典をいただいた場合は、お礼の文章と「みなさんでお召し上がりください」という言葉を添えて「会社用としてみんなで共有できるお菓子やコーヒーなどの詰め合わせ」でお返しするのがマナーです。

香典返し不要・辞退の場合は?

特にその一家の生計を担っている方が亡くなった場合、香典に「残される家族のために香典返しは辞退します」という内容の手紙が添えてあることがあります。そう行った際はありがたく受け取り、お礼状だけをお返ししても構いません。なにもしないのはマナー違反です。

 

また、その家庭によっては香典返しを個人には贈らずボランティア団体や福祉施設などに寄付するケースもあるようです。このような場合でもその旨をきちんとお礼状に書いておくことがマナーです。

スポンサードリンク