死亡届について

スポンサードリンク

死亡届について

死亡届の書き方

病気・老衰によって亡くなった場合

死亡を確認した医師によって「死亡診断書」が発行されます。

 

自殺・事故・災害によって亡くなった場合

このようなケースは不審死と見なされ一旦警察が介入します。(行政解剖や司法解剖が行われるようです。)その後検察医が「死亡検案書」を発行します。【死亡届】はこの「死亡検案書」を元に書くのが一般的です。「死亡したとき」「死亡したところ」などこれに従って書きます。

 

死亡届提出期限

死亡届提出期限は故人が「国内で亡くなったか?」「海外で亡くなったか?」によって異なります。

国内で亡くなった場合

亡くなったことが確認されてから7日以内に提出します。

 

一般的に「火葬は亡くなった日の翌々日に行われます。」なので死亡届を提出していないと火葬に必要な火葬許可書が発行されませんので要注意です。

 

海外で亡くなった場合

亡くなったことが確認されてから3ヶ月以内に提出します。

 

死亡届 提出先

  • 故人が住んでいた市区町村
  • 故人の本籍地
  • 届け出人の住んでいる市区町村
  • 死亡した市区町村

以上4箇所です。

 

死亡届 届け人

死亡届を提出する届け人は…

  • 同居している親族
  • 同居していない親族
  • 親族ではない同居している方
  • 家主
  • 地主

…などですが代理人でも届け人になれます。提出自体は多くの場合葬儀社の方が代行してくれるようです。代行をお願いする場合は届け人の印鑑が必要になります。

中絶・死産・出産後すぐの死亡届について

妊娠4ヶ月以上の場合

中絶を含み、死産した場合は医師に「死産証明書」を発行してもらって役所に提出するようにします。

 

一度出産してからすぐに亡くなった場合

一度「出生届」を出し、その後「死亡届」を出さなくてはいけません。

スポンサードリンク