初七日の詳細

スポンサードリンク

初七日についてのまとめ

初七日とは

初七日は忌中に行う初めの法要のこと

家族の方が亡くなってから49日の間は故人の死の穢れ(けがれ※@)が強い期間であり、それを家族が受けてしまうため遺族はその間家で謹慎します(=この期間を「忌中」といいます)。その期間中は7日ごとに法要を行うのですが初七日は忌中に行う一番初めの法要のことです。遺族・家族・ごく親しい友人のみが出席します。

※@穢れ(けがれ)

  • 仏教・神道の宗教概念
  • 極楽に旅立つ理想の状態ではない・まだ身体がけがれているということ

忌中は故人が亡くなって新しい生を得るまでの期間にあたり、古代インドの輪廻転生の考え方に基づいています。遺族が喪に服する期間である喪中とは異なります。

 

初七日はいつ行うの?

初七日はお葬式の日(火葬のあと)に行われることが多い

初七日とは亡くなった日から数えて7日目に行う法要のことなので本来その日に行います。しかし身内に遠方の方などがいると日を改めて再び集まるのは困難なため、最近では「お葬式を行ったその日…火葬の後」に行うことが多いです。

 

どちらの場合も遺骨・遺影・位牌を安置する後飾りと呼ばれる祭壇が用意され、その前で執り行われます。

 

初七日の香典

お葬式と同じ日の場合:お葬式の半分の金額が目安
別の日の場合:法要後の会食分も考慮した金額

お葬式に続いて初七日に出席した場合でも「お葬式とは別に香典を用意」します。故人と親しい関係にあった場合、遺族よりお葬式の後で出席をお願いされる場合がありますのであらかじめ用意しておき、できるだけお付き合いしましょう。

 

香典の表書きは四十九日の法要を終えるまでは通常は「御霊前」ですが、浄土真宗の場合は常に「御仏前」です。お葬式と同じ日の場合は「初七日」と表側の右上に書いておくといいでしょう。詳しくは⇒香典のマナー

 

初七日のお供え

お葬式と同じ日に行われる場合

「特に初七日用にお供えをしませんが、大抵お葬式用に頂いたものをお供えします。」
葬儀社の方にアドバイスをしてもらうのが無難です。

 

日を改めての場合

「それまでに頂いたものをお供えします。」
初七日用にお供えを持参する際は分けやすいものを選ぶのがマナーです。

 

初七日のお布施

お葬式と同じ日に初七日を行った場合

翌日か翌々日にお葬式のお布施と一緒に持参します。このとき通常はお葬式用と初七日用に分けてそれぞれ包みますが、地方によっては合算して包む場合もあります。金額については規定の金額を設けている場合・そうでない場合がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

お布施の他に僧侶が車などで来た場合はお車代、会食を辞退した場合は御膳料を包みます。お車代も御膳料も5000円、10000円といったキリの良い金額を包みます。

スポンサードリンク