追悼法要と年忌法要の違い

スポンサードリンク

法要について

法要とは

法要とはお葬式後に行われる故人を供養するための仏教行事のことであり「追善供養」ともいいます。身内や故人と親しかった友人が集まり、僧侶に読経をしてもらい会食をします。←この会食をお斎(おとき)といいます。

 

法要の種類

法要は数回に渡って行われます。
大きく分けると「追悼法要」「年忌法要」の2種類があります。

追悼法要

忌中に行われる初めての法要が初七日で、その後「47日後」まで7日ごとに法要が営まれます。

  • 初七日

    亡くなった日から数えて7日目に行われる法要。
    現在では「お葬式当日火葬後」に続けて行われることが多い。
    友人・知人でもお葬式後に出席を親族より打診されることもありますので「お葬式に出席する際はあらかじめ初七日用の香典を用意」しておきましょう。お葬式と同じ日に行われてもお葬式用とは別に香典が必要です。

詳しくは⇒初七日について

 

  • 二七日忌・三七日忌・四七日忌・五七日忌・六七日忌

    二七日忌(ふたなぬか)は14日後
    三七日忌(みなぬか)は21日後
    四七日忌(ししちにち)は28日後
    五七日忌(ごしちにち)は35日後
    六七日忌(ろくしちにち)は42日後に行われます。

     

    僧侶を招いて読経をしてもらうことはなく遺族だけで供養します。

 

  • 七七日忌(四十九日)

    一般的に四十九日の法要と呼ばれこの法要をもって忌明けとなります。

     

    遺族だけではなく「親戚・友人・知人」も参列し、僧侶に読経してもらい会食の席(お斎)も設けられます。この日に位牌を仏壇に収めてお墓に納骨するケースが多いようです。※宗派によっては35日後の五七日忌を忌明けとする場合もあります

詳しくは⇒四十九日について

 

  • 百か日忌

    100日後に行われます。遺族のみで供養し僧侶による読経はない場合が多いようです。

 

年忌法要

 

  • 一周忌・三回忌

    亡くなってから満1年目に一周忌。満2年目に三回忌が行われます。
    三回忌までは遺族・親族だけではなく友人・知人も参列し僧侶に読経をしてもらい会食(お斎)が用意されます。ここまでは喪服を着用し、規模にもよりますが僧侶・会場・引き出物・案内状の手配など…前もって準備が必要です。それ以降は一般的に法要の規模は縮小されます。

 

  • 七回忌

    亡くなってから満6年目に行われます。遺族・親族のみで供養することが多いようです。

 

  • 十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌

    亡くなってから満12年目に十三回忌
    満16年目に十七回忌
    満22年目に二十三回忌
    満26年目に二十七回忌
    満32年目に三十三回忌が行われます。

     

    これらは一般的に遺族のみで供養しますが行われない場合もあります。
    三十三回忌をもって供養は全て終わり「弔い上げ」とし位牌も片付けられます。
    ※宗派によってこの時期は異なり五十回忌の場合もあります。

スポンサードリンク