お通夜とお葬式・告別式の流れ

スポンサードリンク

「お通夜」「お葬式・告別式」当日の所要時間と流れ

「お通夜」の受付・会場開始時間・僧侶との打ち合わせについて

  • 受付時間:遺族・親族・関係者は開始時間の1時間前には集合し早く訪れた弔問客に応対できるようにしておきます。概ね通夜開始の30分前には受付を設置し受付を開始します。
  • 開始時間:東京では一般的には夜6時頃から
  • 所要時間:1時間〜2時間位
  • 僧侶との打ち合わせ:世話役が僧侶を30分前には来てもらえるように迎えに行き、会場に着いたら祭壇の飾り方の確認などの打ち合わせをしてもらいます。
<お通夜の一般的なタイムスケジュール>
  1. 15分前には喪主・遺族・親族などは着席しておきます。
  2. 一般の参列者が受付の順で着席します。
  3. 開始時間直前に僧侶が入場し読経・焼香を行います。
  4. 喪主・遺族・親族などが焼香します。(参列者が多い場合は読経の途中から焼香をする場合もあります)
  5. 一般の参列者が焼香をします。
  6. 僧侶による仏話・説教があります。(ない場合もあります)
  7. 僧侶が退場します。
  8. 通夜ぶるまいの席へ移動し、故人への供養と弔問のお礼に食事や飲み物が出されます。(所要時間は1〜2時間程度)
  9. 喪主か世話役がお礼の言葉を述べ、お開きとなります。

 

「お葬式・告別式」の受付・会場開始時間について

  • 受付時間:遺族・親族・関係者はその1時間前には集合しておきます。
  • 開始時間:東京では一般的に午前10時〜15時の間が多い
  • 所要時間:全ての式に参加しますと半日以上はかかります。参列者の人数・規模によって異なりますがお葬式・告別式は2時間ほど。その後火葬し、初七日法要、精進落としをもって当日の儀式は終わります。
<お葬式の一般的なタイムスケジュール>

@ 15分前には喪主・遺族・親族などは着席しておきます。
A 一般の参列者が受付の順で着席します。
B 開始時間直前に僧侶が入場し、読経し、引導を渡します。
C 代表者が弔事を捧げ、弔電が読み上げられます。
D 僧侶が焼香します。
E 喪主・遺族・親族などが焼香します。
F 一般の参列者が焼香をします。
G 僧侶が退場します。
H 柩を生花で飾ったり、思い出の品を入れたり、出棺前に故人との最後のお別れをします。(告別式)
I 火葬場へ棺を運び、火葬を行います。
J 遺骨を収骨容器に収めた後、式場へと戻り初七日法要を行います。(初七日法要は地方によって日を改めて行うこともあります)
K 当日お世話になった僧侶や親戚や友人を慰労するために会食・精進落としを行います。

 

 

お葬式と告別式は違うの?

「お葬式」と「告別式」は本来別々の趣旨を持っています。

  • お葬式⇒故人に引導を渡し成仏させるための式
  • 告別式⇒故人と親しかった人が最後のお別れを告げるための式

※現在ではお葬式に引き続き告別式を行うか、まとめて行うのが一般的な形になっています。

 

お通夜とお葬式の違い詳細ページへ

スポンサードリンク