お通夜とお葬式の違いは何?

スポンサードリンク

お通夜とお葬式の違い

お通夜とお葬式の趣旨は異なる

お通夜とお葬式は最近では同列に扱われていますが元々はその趣旨が異なります。

お通夜
  • 亡くなったその夜に身内のみ
  • 一般の弔問は翌日の夕方ころから

お通夜はまだ生死の境にいる故人が息を吹き返すことを願ってその名の通り「夜を徹して故人に使えるもの」です。生きているときのように故人に食事を用意し、夜は線香・灯明(※@とうみょう)を絶やさずに故人を見守り続けます。

※@ 灯明
神仏に供える灯り…ろうそくや電球のこと

しかし翌日の通夜は夕方から行われることが多いため仕事後にも参列しやすく、現在ではお葬式の代わりに多くの弔問客が参列するようになっています。

お葬式

故人に僧侶により引導を渡し成仏へと導く儀式のことです。現在では告別式と区別されないことが多いですが、告別式は故人の親しかった人が最後の別れを告げる儀式という意味合いがあります。

 

お通夜とお葬式…どちらに参列すべきか?

基本的にはお通夜とお葬式はその趣旨が異なりますので本来どちらか一方に参列するといったものではありません。しかし一般的には亡くなった方との親交度合いによります。

親交が深かった場合

「お通夜・お葬式両方に出たほうがいい」
会社の同僚本人が亡くなった場合などは受付などのお手伝いをすることもありますので、お通夜でも早めに会場へと喪服で伺います。この場合はお葬式まで参列することが多いようです。

特に深い親交がなかった場合(例えば会社の同僚の祖父母など)

「お通夜のみに参列することが多い」
お通夜に参列できなかった場合はお葬式に参列するようにする。仕事帰りに立ち寄る場合は男性ならネクタイのみを黒に付け替える。

 

お通夜とお葬式…どちらにも参列した場合の香典

「香典は基本1回のみ」

香典はお見舞いとして渡すものなので繰り返すことは縁起が悪いため「1回のみ」渡します。どちらで渡すかは「地方によって違います」

首都圏

お通夜のみの参列が多いため「お通夜のときに持参する」ことがほとんど

西日本

お葬式のときに持参することがほとんど

その地方のしきたりが分からない場合は、あらかじめ知り合いの方に尋ねておくとよいかもしれません。ただ、地域というよりも人によって異なることもあります。

 

一昔前は「お通夜は身内だけ」「一般の弔問客はお葬式」に参列してましたので香典をいつ持参するか?という問題は起こりませんでした。

 

しかし現在ではお通夜にも告別式の意味合いがあり、多くの方がお通夜のみに参列します。この場合は当然ですが通夜のときに香典を持参します。

スポンサードリンク