御霊前と御仏前の違い

スポンサードリンク

御霊前と御仏前の違い

御霊前・御仏前の違い

 

「御霊前」と「御仏前」とはどちらも香典の表書きのことです。

 

この二つの使い分けはハッキリとしなくてはいけません!

御霊前

 

仏式において49日まで使う表書きです。

 

「霊」に捧げるという意味で【御「霊」前】
亡くなって49日までは次の生を受けるまでの準備段階にあたり、霊となってこの世に留まっている期間と考えられています。そのため失くなってから49日までは御霊前と書くようにします。

 

初七日法要から7日ごとに49日まで法要を行いますが、これは古元々は代インドの輪廻転生の考え方に基づいたものです。また、忌中といって死の穢れ(けがれ)を受けた遺族が家で謹慎する期間にもあたります。

御仏前

 

仏式において49日をすぎてから使う表書きです。

 

「仏」に捧げるという意味で【御「仏」前】
亡くなって50日目からは「故人は仏となる」と考えられていますので御仏前が使われるようになります。

亡くなってすぐに「御仏前」の場合アリ!

 

仏式でも浄土真宗の場合は霊の存在を認めず「亡くなってすぐに仏となる」と考えているため、はじめから「御仏前」と書きます。

 

地方によっては宗派に関係なくはじめから「御仏前」を使う場合もあります。

 

さらに仏式でも数多くの宗派が存在しており、その中には表書きについて独自のルールが存在する宗派があることも考えられます。その地方のしきたりやその宗派のルールなどについて詳しくない場合、詳しい方にあらかじめ尋ねておくことをおすすめします。

 

仏式での御霊前・御仏前以外の表書き

仏式で「御霊前」「御仏前」以外の表書きは…

  • 「御香典」
  • 「御香料」
  • 「御香資」
  • 「御供物料」

などの表書きが用いられます。こちらの書き方は宗派に関わらず使えますので、迷ったときはこちらを使うのが安心です。特に「御供物料」という書き方は宗教に関わらずよく使用されますので、覚えておくと仏式でない場合も迷わずに済みます。四十九日法要以降の法要ではこちらの表書きを用いることが多いようです。

 

神式での表書き

神式での表書きは…

  • 「御榊料」
  • 「御神饌料」
  • 「玉串料」
  • 「御神前」

などが独自に用いられています。宗教に関わりなく「御霊前」「御供物料」は使用できますので、これを使う場合も多いようです。

 

キリスト教式での表書き

キリスト教式の表書きは…

  • 「お花料」

がよく用いられます。

カトリックの場合は…

  • 「御霊前」
  • 「御ミサ料」

プロテスタントの場合は…

  • 「忌慰料」

とすることが多いようです。「御供物料」でも大丈夫です。

 

無宗教式での表書き

無宗教式の表書きは…

  • 「御霊前」
  • 「御供物料」

が用いられることが多いようですが、他にも…

  • 「志」
  • 「御香資」
  • 「お花料」

が用いられています。

 

スポンサードリンク