家族葬・密葬の問題点と流れ

スポンサードリンク

親族のみのお葬式(家族葬)

家族葬とは

家族葬とは「広く弔問客の参列を求めずに子供や孫だけといったごく近しい身内のみで行う小規模のお葬式のこと」をいいます。(昔は密葬と呼ばれましたが今では家族葬という呼び方が一般的になってきています。)

<家族葬 3つのメリット>
  1. 弔問客に応対する負担がない
  2. ゆっくりと家族だけで故人を見送れる
  3. 費用を抑えられる

このようなメリットがあるため、生前から家族葬を希望される方も多いです。宗教的な儀式についてはその時々で異なり、ごく小規模でも僧侶に来てもらう場合もありますし、一切そのような儀式は行わない場合もあります。

 

参列する親族の範囲を決めておく

家族葬の問題点

家族葬では「どこまでの範囲の親族が参列するのか」決めることが大切ですし、これが一番難しい問題点でもあります。

 

価値観は人それぞれで「多くの方に見送ってもらってこそ幸せに決まってる!」と頑なに思っている方もおり、家族葬に呼ばなかったことが原因でその後の親戚・友人付き合いにひびが入ってしまうことも考えられます(←家族葬のデメリット)。

 

しかし家族葬の趣旨を考えますと参列する方の線引きをしておく必要があります。

参列をお願いしない親戚には…

  • 「亡くなったこと」
  • 「家族葬を行うこと」

などを電話などで事前に伝えておくようにしましょう。

参列をお願いしない友人や知人には…

  • 「亡くなったこと」
  • 「それを通知せずに家族葬を行ったお詫び」

などを記した死亡通知を事後に葉書か手紙で送るようにします。

 

家族葬の流れ

家族葬のお通夜

<当日>
家族葬を行う場合にも亡くなった当日は身内のみで通夜を執り行います。

 

<二日目>
家族葬では二日目も身内のみで通夜を行うことになります。ただ、通常のお通夜とは異なり、故人の好きだった音楽を流したり、花を捧げたり、思い出を語りあったりするようです。もちろん通常と同じく僧侶の読経をお願いする場合もあります。

 

家族葬のお葬式

お葬式・告別式も家族のみで行い、宗教的儀式を省いて故人の思い出のビデオや故人への手紙を読み上げたりすることもあります。

 

家族葬を専門にしている葬儀社もあり色々なプランが用意されていますので、故人らしい見送り方を検討するといいと思います。

 

家族葬での香典

家族葬では前もって供物・香典を受け取るかどうかを決めておく必要があります。

 

もしも受け取らないと決めた場合はその旨を死亡通知に記載しておきましょう。しかし、それでも香典や供物を持って弔問する方や、それらを郵送する方がいます。そんな時に「どのように対応するか」もあらかじめ決めておく必要があります。

 

年間実績5500件、93%の顧客満足度のおすすめの家族葬



スポンサードリンク