お通夜・お葬式・法要での喪主の挨拶

スポンサードリンク

お通夜・お葬式・法要での喪主の挨拶

喪主が挨拶するタイミング

お通夜

「会食後にお礼の挨拶」
お葬式・法要では必ず喪主は挨拶をしますが本来お通夜では挨拶をすることはありません。そもそもお通夜とは、故人が再び息を吹き返すことを願って世を徹して生きているのと同じように仕えるものだからです。しかし現在ではお通夜のみに親交の薄い知人・友人が参列することが多くなり告別式化したため、お通夜でもお葬式・法要と同様に喪主から正式に「会食後」などにお礼を述べることが多いです。

お葬式

「出棺前」「閉会時」に挨拶します。

法要

「はじめる際」と「会食の前」などに挨拶します。

 

喪主の挨拶の基本

喪主の挨拶については特に決まった形式はありません。故人を暖かく送り出してくれた参列者への感謝の気持ちと、故人自身への思いを語ることが基本となります。

喪主の挨拶の形式は自由

故人についての特別なエピソードをぜひ語っておきたいという方もいることと思います。そのような場合は故人の供養のためにも自由に話しておきましょう。丁寧な言葉遣いは大切ですが立派な表現でないといけないということもありません。その際も参列者に対して感謝の言葉を述べることがマナーです。

 

ただでさえ動揺していることと思いますので短くても丁寧な言葉で述べるのが大切です。
挨拶に盛り込む内容は以下を踏まえておくといいと思います。

 

<喪主の挨拶 マナーとして述べておきたい5事項>

  1. 故人のために参列してくれたことに対するお礼
  2. 故人が生前お世話になったことに対するお礼
  3. 故人についての心に残るエピソード
  4. 故人の最期について(内容によっては省く)
  5. これからの決意を述べ、変わらない支援をお願いする

大体これだけの内容を盛り込んでおけば形になるはずです。また、これにプラスしてタイミングによっては会食の案内、お通夜ではお葬式の日時などを伝えることがあります。

 

葬儀社に相談する

特にお通夜・お葬式までは遺族は多忙ですのでゆっくりと挨拶文を考えている余裕がないことが多いです。そうした場合は「葬儀社に相談すれば挨拶の雛形をくれたり、挨拶する上でのポイントを教えてくれたりします」のでアドバイスを受けるのもいいかと思います。

 

いざ本番で緊張したり気持ちが高ぶったりして、言葉がつまりきちんと挨拶できないこともあります。しかし通常の場合、司会進行をしている葬儀社のスタッフが上手にフォローしてくれますのであまり心配しないようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク